施工管理の求人は工事の数だけ

施工管理の求人に目を向けて

施工管理者の仕事はあらゆる工事の管理をすること

施工管理の求人は工事の数だけ

施工管理者というのは、いわゆる『工事』の管理をする人です。

土木工事や建設工事、電気の工事などもありますよね。

こういった『工事』すべてに、施工管理者という職種の人が必要なんです。

工事というのは、いったん外に出て歩いているとどこかで必ずと言っていいほど出くわしませんか?

朝から深夜まで、いたるところで工事は行われています。

ですから、施工管理者の求人も、常に行われているんです。

施工関係専門の求人雑誌などがあるくらいですので、需要はおおいにあります。

さてそんな施工管理者ですが、『工事を管理する人』とはいえ、何を管理するのか、いまいちはっきりしないという方もいらっしゃいますよね。

管理すべきことは、種類分けすると『工程』・『原価』・『安全』・『品質(システム)』の4種類があるとよく言われます。

つまり、工事の開始から終了までの日程、計画を立て、予算組みをし、実際に現場で働く人たちの監督をし、質のいい工事をおこなう…と言ったところでしょうか。

さらにそれが、依頼主の希望に沿っているというのが大前提というわけですから、なかなかに密度の高いお仕事です。

ただし、やりがいはありますし、経験を積めば積むほど力がついているのを実感できるお仕事といえるでしょう。

Copyright (C) www.studioquattro.net. All Rights Reserved.

施工管理の求人に目を向けて